cannamsのブログ

生きていく中で芸術と感じたことを思いのままに綴ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三渓園

今回は三渓園の続きです。





この写真は特別公開されていた臨春閣の玄関からの眺めです。
この障子が額縁の効果になっていて自然を切り取った一枚の絵のような感じになっています。

日本建築はこのように自然と建築を融合させて芸術を生み出しているんです。
しかも歩く度にその風景が変わって見えるので見る側を楽しませてくれます。

臨春閣については初めは和歌山に造られた紀州徳川家の別荘だったんです。
明治後期に原三渓が譲り受け、現在の位置に移転したそうです。
移築の際に室内はそのまま受け継いで、平面配置と屋根のデザインを変えたようです。
平面配置は雁行配置になっていて入り隅と出隅が庭と融合していて室内からの眺めもすばらしい美しさでした。


続いて白雲邸の方は原三渓夫妻が過ごした家とされています。




この椅子は原三渓自らデザインした椅子です。
座面はい草を使用して畳みたいな感じになっていて、全体的に黒と金の2色が嫌みなく調和しています。
自分はけっこうな椅子好き(!!)なんですけど、この椅子は初めてみてかなり自分の中の椅子ランキング上位に浮上しました(^^)//゛゛

三渓園は
平成17年9月15日(木)~19日(月・祝) 18時30分~20時30分
の期間に観月会というライトアップがされるイベントがあるみたいなのでその期間も是非足を運びたいと思います。

詳しくは<三渓園のホームページへ>

もし機会があったらこの期間にでも三渓園を訪れてみてください。

4日間しかないので見逃さないようにしなきゃっ(>◇<)〇! 


※ブログ引っ越しました。
 
新しいブログです↓↓↓
http://cannams.com/
スポンサーサイト

コメント

日本

>日本建築はこのように自然と建築を融合させて芸術を生み出しているんです。

これこそ、日本の芸術だよね!
イグサ使った、いすもGood。

毎回日本の芸術に触れる度に感動してます!!
時には涙が出そうになったことも。。。

椅子も素晴らしい芸術ですよね。
あの椅子欲しいなぁ~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cannams.blog11.fc2.com/tb.php/74-f58315a9

三渓園

 息を呑むような歴史建造物の数々にも 感動せずにはいられないが 庭園全体の雰囲気や花々がとても美しい   春には満開の桜がいたるところに咲き乱れ 夜7時ごろまで延長して開いているので ライトアップされた夜桜を堪能できる  秋には...

 | HOME | 

Appendix

Author:かきつばた

Author:かきつばた

芸術全般を思いのまま綴っていこうと思ってます。

メッセージ、その他感想などはこちらからどうぞ***





テクノラティプロフィール
ブログ検索エンジン

FC2Ad

Categories

Recent Entries

Recent Comments

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。