cannamsのブログ

生きていく中で芸術と感じたことを思いのままに綴ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ展

更新サボってました。。。

今日は先日六本木ヒルズにて開催されていた
レオナルド・ダ・ヴィンチ展で感じたことを綴りたいと思います。

有名なレスター手稿が日本初公開でした。
leicester.jpg


何でも一年に一度、一カ国だけしか公開されないらしいのです。
所有者は世界一のお金持ちのビル・ゲイツ夫妻だそうです。

ダ・ヴィンチは『モナ・リザ』『最後の晩餐』で有名な画家。
資料によるとダ・ヴィンチは絵画は科学であると定義したそうです。
これは絵画制作にあたって幾何学理論によって構成したり、遠近法を使って作成したりと数学的なことを駆使していたかららしいです。

レスター手稿の話しに戻ると、写真↑でも分かるように『文字と絵』を織り交ぜて書いてある。
これは文字だけで書くよりも絵を使った方が記憶にも残りやすいし、創造力も豊になるってことを本能的に知っていたのかも。

しかも肌身離さずノートを持ち歩いていたらしいです。

内容は主に水に関して追求されていて、そこから天文学・物理学・水力学と飛躍しています。
この思考の柔軟さには感激しました。

ここで思ったのが、今の時代は何に関してもすごく細分化されている。
でもダ・ヴィンチの時代はそんなことはない。
この細分化されてる時代だからみんな視野が狭くなっちゃうじゃないのかなって。。。

確かに細分化されていることによって各分野の専門家がいて、より詳しいことも分かるようになったし、良いモノが生まれてきてると思う。

でも木だけを見て森が見えてない感じが少しする。

もっと視野を広げて全体像を把握できるようになり、その特定の分野に限らず色々な分野に感心を持つことができれば、今まで以上により良いモノが生まれてくると思うのです。

ダ・ヴィンチ展を見て彼の思考の柔軟さからこんなことを考えてました^^




ランキングに参加してます。みなさんの温かいワンクリックをお願いしますm(._.)m
スポンサーサイト

コメント

僕も行きましたー!

いやぁ、ダヴィンチってすごいですよねぇ。
彼のノートを見て、字の細かさに驚きました。
相当几帳面だったんだろうなぁ。
ダヴィンチ展に行けば、間違いなくダヴィンチが大好きになりますよね^^
あと、ビルゲイツ!すごいですね~。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cannams.blog11.fc2.com/tb.php/106-af0cf04a

 | HOME | 

Appendix

Author:かきつばた

Author:かきつばた

芸術全般を思いのまま綴っていこうと思ってます。

メッセージ、その他感想などはこちらからどうぞ***





テクノラティプロフィール
ブログ検索エンジン

FC2Ad

Categories

Recent Entries

Recent Comments

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。