cannamsのブログ

生きていく中で芸術と感じたことを思いのままに綴ってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ展

更新サボってました。。。

今日は先日六本木ヒルズにて開催されていた
レオナルド・ダ・ヴィンチ展で感じたことを綴りたいと思います。

有名なレスター手稿が日本初公開でした。
leicester.jpg


何でも一年に一度、一カ国だけしか公開されないらしいのです。
所有者は世界一のお金持ちのビル・ゲイツ夫妻だそうです。

ダ・ヴィンチは『モナ・リザ』『最後の晩餐』で有名な画家。
資料によるとダ・ヴィンチは絵画は科学であると定義したそうです。
これは絵画制作にあたって幾何学理論によって構成したり、遠近法を使って作成したりと数学的なことを駆使していたかららしいです。

レスター手稿の話しに戻ると、写真↑でも分かるように『文字と絵』を織り交ぜて書いてある。
これは文字だけで書くよりも絵を使った方が記憶にも残りやすいし、創造力も豊になるってことを本能的に知っていたのかも。

しかも肌身離さずノートを持ち歩いていたらしいです。

内容は主に水に関して追求されていて、そこから天文学・物理学・水力学と飛躍しています。
この思考の柔軟さには感激しました。

ここで思ったのが、今の時代は何に関してもすごく細分化されている。
でもダ・ヴィンチの時代はそんなことはない。
この細分化されてる時代だからみんな視野が狭くなっちゃうじゃないのかなって。。。

確かに細分化されていることによって各分野の専門家がいて、より詳しいことも分かるようになったし、良いモノが生まれてきてると思う。

でも木だけを見て森が見えてない感じが少しする。

もっと視野を広げて全体像を把握できるようになり、その特定の分野に限らず色々な分野に感心を持つことができれば、今まで以上により良いモノが生まれてくると思うのです。

ダ・ヴィンチ展を見て彼の思考の柔軟さからこんなことを考えてました^^




ランキングに参加してます。みなさんの温かいワンクリックをお願いしますm(._.)m
スポンサーサイト

貝殻

自然の芸術をまた発見しちゃいました。

何かって言うとあさりの貝殻です。





実はあさりって嫌いな食べ物の中の一つなんです。

発見した日の夕飯のみそ汁の具があさりで、もちろん食べれないのでいつものように気にも留めずに夕飯を終えました。

夜中になってお湯を沸かしに台所に行き鍋に火を付け水が沸くのを待っていると、


・・・流しの方から呼んでる声がする。


流しを覗いてみると、夕飯の時に食べられたあさりが裏返しになり転がってました。

普段なら別に流しにあさりがあったって何も思わないけど、その日だけは自然とあさりに手が伸びて裏返し表面を見てみると、


絶妙な色のグラデーション。

古代の壁画に描かれていそうな模様。

なめらかな曲線が織りなす形。



どれをとっても芸術としか言いようがない!!

興奮して何個か拾いだし丁寧に洗って自分の部屋に持ち帰りました(*^ ^)v

それから毎日貝殻を眺めてます^^

嫌いなモノに目を向けてみると意外と今まで気付かなかったことが発見できるかも( ̄○ ̄;)!!




ランキングに参加してます。みなさんの温かいワンクリックをお願いしますm(._.)m

観月会

今日は三渓園の記事で書いた観月会に行ってきました。




この竹の写真は一番良く撮れた写真なんです。。。

あとはデジカメをうまく使いこなすことができずに上手く撮れませんでした(/ _ ; )
あと一枚載せるとしたら↓

sannkeien4.jpg



建築も色々とライトアップされてたのですが歩けるルートが限られていて行動範囲が狭かったのが少し残念。。。

でも雅楽の催しも行われていて日本文化にまた一つ触れることができたので満足満足。

三渓園は春夏秋冬一年を通して色々とイベントが行われてるみたいなので季節ごとに足を運びたい場所です。

ちなみに11月19日~12月11日の期間に
聴秋閣と春草廬の公開があるので茶室好きの自分にとってかなり楽しみなイベントです。

詳しくは<三渓園のホームページへ>

興味のある方は是非訪れてみて下さい。
日本の素晴らしさを再認識できる場所です。



※ブログ引っ越しました。
 
新しいブログです↓↓↓
http://cannams.com/

絵画で平和を。

最近ピカソについて貪欲なんです。

美術館を色々巡って最近何が強烈に自分の中に残ってるのかって思い返した時、真っ先に浮かんだのがピカソの作品。

二つあって、どちらの作品も全身に何かが込み上げてくる感じがして、鳥肌も立ってしばらく身動きができない状態でした。。。


ピカソについてはもちろん天才だと思ってたし興味はすごくあったけど、何故か深入りしなかった。

何でだろう・・・。

そこで本屋に行ってピカソ―天才とその世紀
ピカソ―天才とその世紀
を購入し読んでみました。

一番印象的だったのは『ゲルニカ』


このゲルニカが描かれた過程はゲルニカが当時のスペインの独裁者フランコ側を援助していたドイツ空軍の無差別爆撃によって爆撃され1000人近くの非戦闘員が惨死。

これに激怒したピカソはこの非行を絵画という武器によって世界に訴えました。

この作品にはピカソの戦争への怒りと命の尊さを思う気持ちが詰まってるんです。

ピカソは自分や他人の自由を心より愛していた平和主義者だったんです。


ピカソの言葉に

「他人に無関心でいられようか、こんなにも豊かなものをもたらしてくれる人生に、無頓着でいることなどできるのだろうか?そんな筈はない。
絵画は家を飾るためにあるのではない。それは敵に対する戦争の、防御と攻撃の手段なのだ。」


・・・また、ひとりのナチの将校がピカソの家を家宅捜査にやってききて、テーブルの上にあった『ゲルニカ』の写真を見て

「これを描いたのはあなか?」

ピカソはこう答えた。

「いや、あなたたちだ!」


※ブログ引っ越しました。
 
新しいブログです↓↓↓
http://cannams.com/

彫刻のすばらしさ

今日は横浜美術館




8月31日まで開催されている『わたしの美術館展』に行ってきました。

詳しくは<横浜美術館公式ホームページへ>

この展覧会は約2500通の応募を元に、人気の高かったベスト25を中心に約160点の名品を出品するというコンセプトでした。


全体の評価としては55点くらいかな。。。

っていうのは何回か横浜美術館に行ったことがあって重複している作品が多かったのと、自分の好きなジャンルの絵が少なかったってことですね。

重複してるのは展覧会のコンセプトだから仕方がないんですけど・・・s(・・;)


でも評価したい点は横浜だけに港の絵や写真、横浜の歴史、雰囲気を伝えている作品が多く出品されていたところですね。
外国の人が着物を着た日本人を油絵で描いてたり、日本を描写している作品などは見応えがありました。

ただ今回の展覧会で再確認したのは

彫刻作品が好きだ!!

前々回くらいから彫刻作品を気にするようになり、うすうす気付いてたんですけど。。。

彫刻作品ってそれがメインじゃないと、美術館で絵画に交じって何体かある程度で最近までは何となく見るって感じでした。

でも見れば見るほどハマっちゃう・・・。

特に女性をモデルにした彫刻はかなり美しい!!←あっ、もちろんヌードです(/∀\*)

ホンッット女性の体のラインはまさに人間芸術。
どんどん虜になっていく。。。

ちなみに今日はダリの作品で細長く官能的な指の美しさに見蕩れてました(*゚o゚*)~゜


何だか画家の人たちが女性のヌードを描いたり、彫ったりする気持ちが少し分かったような気がする・・・。

今日の美術館ではそんな体験をしました(^ ^)V




ランキングに参加してます。みなさんの温かいワンクリックをお願いしますm(._.)m

三渓園

今回は三渓園の続きです。





この写真は特別公開されていた臨春閣の玄関からの眺めです。
この障子が額縁の効果になっていて自然を切り取った一枚の絵のような感じになっています。

日本建築はこのように自然と建築を融合させて芸術を生み出しているんです。
しかも歩く度にその風景が変わって見えるので見る側を楽しませてくれます。

臨春閣については初めは和歌山に造られた紀州徳川家の別荘だったんです。
明治後期に原三渓が譲り受け、現在の位置に移転したそうです。
移築の際に室内はそのまま受け継いで、平面配置と屋根のデザインを変えたようです。
平面配置は雁行配置になっていて入り隅と出隅が庭と融合していて室内からの眺めもすばらしい美しさでした。


続いて白雲邸の方は原三渓夫妻が過ごした家とされています。




この椅子は原三渓自らデザインした椅子です。
座面はい草を使用して畳みたいな感じになっていて、全体的に黒と金の2色が嫌みなく調和しています。
自分はけっこうな椅子好き(!!)なんですけど、この椅子は初めてみてかなり自分の中の椅子ランキング上位に浮上しました(^^)//゛゛

三渓園は
平成17年9月15日(木)~19日(月・祝) 18時30分~20時30分
の期間に観月会というライトアップがされるイベントがあるみたいなのでその期間も是非足を運びたいと思います。

詳しくは<三渓園のホームページへ>

もし機会があったらこの期間にでも三渓園を訪れてみてください。

4日間しかないので見逃さないようにしなきゃっ(>◇<)〇! 


※ブログ引っ越しました。
 
新しいブログです↓↓↓
http://cannams.com/

三渓園

横浜にある三渓園に行ってきました。




8月6日~8月21日まで通常非公開の文化財古建築の
鶴翔閣・臨春閣・白雲邸の内部が特別公開のため足を運んでみました。

詳しくは<三渓園のホームページへ>

原三渓(本名:富太郎)は生糸貿易で財をなした横浜の実業家。
と同時に美術家でもあり、数寄者でもあったそうです。

鶴翔閣は横山大観や下村観山などの近代日本の作家達が古美術の鑑賞や制作が行われた場所だったそうです。
実際に制作していた部屋に入り想像を巡らせていました。。。

この建築は大富豪の家にも関わらず室内は非常に簡素でした。
でも美術品を集めるにはかなりお金を使ってただろうし、女中さんは50人くらい雇ってたそうです。。。
和食専門の人、中華料理、フランス料理その他諸々の専門の人など。

室内は簡素だけど、金をかけるとこにはかけてる!!
これらのことが独り占めしてるようじゃダメな金持ちだけど、原三渓は人のためにもそして横浜のためにも貢献してるので心の底から尊敬できる人です。

ちなみに最近修復した鶴翔閣の工事費は、なんと21億円もかかったそうなんです\(>◇<:)/

これはできるだけ今まで使っていた建材を残そうとするために21億円もかかったそうです。
でも建築には歴史や当時の思いが時が経つ程に募ってくるので、古くなったから全部新しくするってことはしないで使えるとこは使う!!
直せるとこは直して使った方が歴史や当時の思いを損なうことなく、また思いを受け継ぎ現代に適応した形に造れると思うので多少お金はかかるかもしれないけど、このようなやり方は素晴らしいと思いました。


ちょ~っと長くなっちゃいそうなので、続きは次回って感じにします(^^)/


※ブログ引っ越しました。
 
新しいブログです↓↓↓
http://cannams.com/

カーキ色

カーキ色ってどんな色??

新聞を読んでいたらこんな記事を発見しました。
このカーキ色の定義って緑っぽい色から赤茶系まで様々なんです。

もともとはカーキってヒンディー語で「泥土色」の意。
軍服に用いられることが多かったと書いてあります。

ちなみにJISの定義だと

『1Y 5/5.5』

『C0 M25 Y60 35』 

ほとんど茶色に近い色です。
でも一般的にはくすんだ緑色のイメージじゃないでしょうか??

もともとはインドを植民地にしていた英国軍が軍服をインドの土の色に近いものを染めてカーキ色と呼んでいた。
でもその後米軍が軍服に採用し、ジャングルの中でまぎれる色をカーキ色としたそうです。

共通してるのは軍服
それだけで全く違う色になっちゃった。
土の色と緑の色は全く違うのに。。。

そもそも色の定義って難しい。
一人一人全く同じには見えないし、その人の定義によっても曖昧。
しかも色の定義は時代によって変化する。

色ってすごく身近にある存在なのにそれを伝えるのはかなり難しい。
なんだかんだ言っても色を伝える時って赤、黄、緑、青、紫、白、黒で表現しちゃいますよね。
身近にある存在こそ理解に苦しむものが多い。

興味深い!!




ランキングに参加してます。みなさんの温かいワンクリックをお願いしますm(._.)m

◇視覚が変わると…◇

『あなたは部屋をまっくらにしてご飯を食べたことがありますか??』

以前こんなことを耳にしました。
どんなにおいしい料理でも暗闇の中で食べるとその本当のおいしさが分からないとのことです。

何でかって言うと・・・



リンク

芸術関連のブログが集まってます!

こっちも集まってます!!

続きを読む »

◇日本文化と世界戦略◇

watariumus.jpg


今日はワタリウム美術館で開催されている『岡倉天心展』に行ってきました。

<ワタリウム美術館公式ホームページへ>


展示会場は岡倉天心に関する資料を中心に様々なものが展示されていました。
午後4時から美術館のスタッフさんが展示内容を簡潔にしてくれてとても参考になるのでこれから行こうと考えている人は4時くらいに行くといいと思います。


岡倉天心についてなんですけど、簡単に言うと美術館のキュレーターをやったり美術学校の先生だった人です。
ちなみに・・・



リンク
芸術関連のブログが集まってます!

こっちも集まってます!!

続きを読む »

 | HOME |  »

Appendix

Author:かきつばた

Author:かきつばた

芸術全般を思いのまま綴っていこうと思ってます。

メッセージ、その他感想などはこちらからどうぞ***





テクノラティプロフィール
ブログ検索エンジン

FC2Ad

Categories

Recent Entries

Recent Comments

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。